8ヶ国語を話すマルチリンガルの個人ブログ

結局、行動する人が成功する

2021年の年明けはいつにも増して忙しく過ごしています。

12年サイクルの1ヶ月目

春夏秋冬理論で見ると、今年は新たな12年サイクルの1年目。本来は春分からですが、私の場合は12ヶ月サイクルの1ヶ月目が1月にあたるので、12年サイクルの1ヶ月目を先取りしてどんどん動いています。

1年の浮き沈みをも予測する、年間計画

毎年、元旦は東京大神宮へ初詣、2日は一般参賀3日〜5日は年間計画練り直し「ひとり合宿」と忙しく過ごすことが多いのですが、基本的には内向きでひとりで過ごすことが多いお正月。

今年は実家への帰省や旅行を取りやめにされた方も多いようで、マルチリンガルサロンのメンバーの皆様がお暇だとおっしゃるので、私は2日から朝晩英語セミナーを開催しました。さすがに元旦は「仕事をしない」と決めて(笑)メールチェックくらいにしておきましたが、2日からフルスロットルです。

というのも、今月は「とにかくいろいろやってみる」というだけでなく、星の流れで見ても1月2日〜3日はとにかく行動しなければ、と年末から準備してきましたのです。

いつもは年始にする年間計画練り直しも、年末までにすませてしまって、1月の行動計画をかなり具体的に作成しました。

今月やったことが、この12年間を左右するかもしれないというのであれば、つべこべ言わずにがむしゃらに突き進みますよね。

全力応援プロジェクト

2020年8月からコーチング&コンサルをしてきたなおこさんが、11月末にブレインプログラミングオンラインサロンを立ち上げました。約3ヶ月かけて私がサポートしたことは主に下記の通り。

・目標設定
・事業計画作成
・商品設計
・ランペ作成
・セールス文作成
・入金システム設定、管理
・ブランディング
・プロモーション
・プロフィール作成
・写真撮影
・コーチング

おかげさまでオンラインサロンは12月31日までに月商100万円以上を売り上げ、そこそこのスタートとなりました。

自分主催の他イベントやビジネスを立ち上げていたときに、オンラインサロンのセールス文やランペ作成をしていたこともあり、寝不足が続いて、もうちょっとがんばれたかな、という出来だと思っていましたが、なかなか満足のいく結果となりました。

大晦日に100万円超えした売り上げを見て、ひとりフフフと微笑みながら、同時に「もうこんなしんどい思いはしたくないな」と考えつつ訪れた東京大神宮で、御祈祷直後にひいたおみくじに「他の人を助けなさい」と書いてありました。笑。

私の周りには起業家や経営者向けにコンサルティングをしている方が多く、ついそれら先輩と比べてしまうと、自分には起業のコンサルやアドバイスなんてまだまだ、というか、できないと考えていました。

なおこさんのケースは成り行きで、ビジネスを立ち上げるにあたっていろいろ手伝ってほしい、と言われてスタートしたのが気づけばガッツリやっていたので。

確かにランペやセールス文を書いていたあたりから「これ、ビジネスにできるかも」と少し思ってもいました。ですが、やっぱり自分には、、、という思いが強くて踏み出せない気持ちの方が大きかったのです。

ですがおみくじに書いてあることは「神さまからのご神託」ですから(笑)、真摯にメッセージを受け取ることにしました。名付けて「副業で月収100万円プロジェクト」、別名「全力応援プロジェクト」です。

フタを開けたら2日で10人のお申し込み

そんなこんなで始まった「全力応援プロジェクト」の募集は、1月2日にスタートしました、facebookのみ公開2日限定で。

3~4人でも集まればいいかな、くらいな気持ちでスタートしたところ、なんと10人の方に仮申し込みいただき、順次面談をさせていただいていますが今日までに半分の方から本申し込みをいただいています。

モニタープランということで、33万円で募集させていただいたのですが、内容は100万円以上。なにしろ開業と同時に100万円を売り上げることができるプランですので、速攻回収できちゃう訳です。

いろんな起業塾などに行った方なら、このプランがどれだけお得かお分かりいただけると思いますが、始めて副業起業するという方が多いのに、よくもまあみなさんお正月からご決断いただいたものです。

行動する人は一人でも目標達成できる

そもそも「全力応援プロジェクト」をスタートさせるきっかけとなったのは、2014年から毎年開催している年間計画セミナーをする中でなんとなく、モヤモヤーっと考えていたことが起因しています。
・転職して年収3倍になりました
・コロナ下でも前年比2.5倍達成しました
・医局長になりました
・出版しました
・嫌な上司がいなくなりました

など、多くの方が実績・結果を出している一方で、毎年のように同じ計画を立てている方がいらっしゃるのも事実。

2020年からは毎月の定例会(無料)で行動計画の見直しをスタートさせたこともあり、特に飛躍した1年でしたが、2019年までは純粋に年間計画を作成するだけのセミナーだったこともあり、フォローする仕組みが少し足りないと感じていました。

行動する人は計画さえ作ってしまえば、どんどんひとりで先に進んで行きますので、しっかり目標を達成できます。

反面、行動できない人はせっかくの素晴らしい計画も「絵に描いた餅」になってしまうのです。

コロナ下でも前年比年商2~3倍を達成した友人のshimanoちゃんは、コツコツしっかり動いていて、以前マルチリンガルファシリテーター講座を受けていただいた時は、認定後1ヶ月で講座代金を回収していました。最速記録保持者です。

行動する人 vs 行動できない人

自分で行動できない人をしっかりサポートしていけるように考えた「全力応援プロジェクト」ですが、やっぱり始動してみると顕著なのが行動する人と行動できない人の差。

行動する人は、まず、お申し込みが早い、笑。本申し込みのお振込も1回目の面談終了後から30分以内。早っ。

そして、コンサルをしていても決断が早くて「法人登記されるならこの日くらいがいいですね〜」とか、「この本を読んでいただくといいですね〜」とお伝えすると、すぐに「◯月△日にします!」とか、「ポチしました」と面談中にサクサク決めます。

反面、行動できない人は、まずメッセージへの返信がない、汗。そして次の面談日もなかなか決まらない

当然「今月これをやりましょう」と面談中に決めた3つのアクションもやらない

それではいつまで経っても「絵に描いた餅」です。

ベビーステップを積み重ねる

アクションといっても、いきなり「契約を1件とる」というのはありません。

立ち上げ前の準備期には「気になる人をインスタでフォローする」などの小さめアクションが多いです。毎日1件ずつフォローするだけでも月30件になりますね。

テンションが上がる自分好みの投稿を見てると、やっぱり見るだけでは物足りなくて、毎日写真をアップしたくなる。

毎日写真をアップしてたら、手持ちの写真じゃ足りなくなって、写真を撮ろうと思う。

写真のためにネタ集めや作品制作に勤しむ。

など、ちょっとしたことから始めてもどんどん膨らんできて、あれこれやりたくなる。

なかなか行動に踏み切れないという方は、まずはベビーステップを小さく積み重ねることから始めてみてはいかがでしょうか?

あなたの今日のベビーステップはなんですか?